芋蔓(いもづる)式

 次のうち、どれが一番難しいでしょうか?

1.英単語10語のスペル(つづり)を覚える。
2.英単語10語のスペル(つづり)を覚えて、その日本語での意味も覚える。
3.英単語10語のスペル(つづり)を覚えて、その日本語での意味も覚えて、さらにその単語の品詞、類義語、反対語を覚える。

 正解は、3番? ではありません!

 本当の正解は、1番です!!

「えー、だって覚えるのが一番少ないからラクじゃんね。」

 というあなた、ではこんなことを考えてみてください。

 人の名前を覚えるとき、どうしますか?その人の顔をいっしょに思い浮かべませんか?顔も知らない人の名前なんて、何回聞いてもピンときません。なかなか覚えられません。思い出せと言われても、出てくるのが遅いです。

 それが、もしその人と顔見知りだったらどうでしょう?学校のクラスメイトのことを思い出してください。あまりなかよしじゃない人でいいです。それでも、名前を思い出そうとすると、顔もいっしょに出てきませんか?

 名前という情報と、顔という情報が、いっしょになって強く印象に残っている証拠です。あなたのクラスには10人以上いますか?それでも、全員の名前と顔を覚えているはずです。

 それがもし、普段からよく遊んでいる、仲のいい友達だったらどうでしょう?今度はもっと、すぐに頭の中に浮かんできます。名前、顔はもちろん、声やしゃべり方、性格までいろんなものがセットになって。

 こんなにたくさんの情報を、いったいいつのまにあなたは覚えてしまったのでしょうか?いっしょうけんめい記憶しようと勉強したわけでは、ありませんよね?自然に覚えてしまっているのです。

 まず一つには、興味があったから。あなたが、その人といっしょにいると、楽しかったのかもしれません。なんでも、自分の興味のあることは自然に無理なくおぼえてしまうものです。これは前に話しましたね。

 それからもう一つ、ここで僕が話したいのは、こっちです。

 それは、情報がいっぱいあったから関連した情報が、いっぱいあって、それがひとまとまりになって、あなたの頭の中にはいっているのです。

 覚えることがいっぱいあると、覚えるのが楽になるのです!これ重要!難しくなるのではありません。カンタンになるのです。記憶に残りやすくなるのです。

 その友達の、名前、顔、声、性格。それだけじゃない、友達といっしょにカラオケした思い出や、プリクラをとった思い出などなど。また、けんかした思い出などいやな思い出もあるかもしれません。

 そういったいろんなものが、ひとまとまりになっています。そして、その中のどれか一つが脳で思い出されると、それに関係する全部の記憶が思い出されるのです。

 そう、これが芋蔓(いもづる)式


 念のため、説明しましょう。芋蔓とはいものつるです(笑)

 あなたはいもほりをしたことがありますか?小学校などで、さつまいも畑にいもを掘りにいかなかったでしょうか。あれです。

 土のうえに、緑色のつるがのびています。それを引っ張って、一つのおいもを掘り当てた!でもそれ一つだけじゃない、まだまだつるにはいっぱいおいもがくっついている!一本のつるをひっこぬいただけなのに、それにくっついてるおいもがぜんぶ掘れちゃう!

 おいもは、一つしかなかったら、なかなか掘り出せません。見つけるのに苦労します。でも、そこらじゅうにいっぱいおいもがあれば、どれか一つでいいのです、見つけるのは。一つ見つければ、つながっていて、全部出てくるのですから。

 さつまいも畑は、脳のこと、おいもは記憶された情報のことです。これが、僕が言いたいことです。

 関連する情報はたくさんあったほうが、思い出しやすいのです。思い出しやすいということは、覚えやすいということです。逆に、たった一つの情報では、かえって思い出しにくいです。思い出しにくいというのが、覚えていないということです。記憶に残りにくいということなのです。

 さぁ、もう一度、ここで最初に僕が出した問題を見てください。1番、2番、3番。どれが一番、難しいですか?そして、どれが一番、カンタンですか?

 もうOKですね。あなたの選んだ番号、それが一番カンタンなことです。カンタンなだけではありません。試験に役に立つのです。それはそうですよね、たくさんのことを覚えていた方が、成績がよくなるに決まっています。

 だったら、わざわざメンドウな、大変なことをする必要はありません。しかも、その難しいことは、あまり試験の役に立ちません。人生にも役に立ちません(笑)

 効率よく勉強するというのは、こういうことです。東大に合格する人は、要領がいいとよく言われます。そのひみつは、意外とこんなちょっとしたコツなのです。ちょっとしたコツでも、ほかの人が知らないから、とても有効なのです。しかもそれが一つじゃなく、いくつもあるとしたら。

 これらのコツを自分であみだすのは容易なことではありません。でも、あなたは僕の話を聞いて、そういったヒミツを知ることができます。そのまま使ってもいいし、あなたの好きなやりかたにアレンジしてみてもいいでしょう。

 これからも、どんどんとそういったコツお話していきたいと思います。それはすべて、僕が受験生として実際に体験したことから作られたものです。人に話さなければいつかは消えてしまう情報です。それはちょっと寂しいなあと、正直思います。少しでもあなたの役に立つことと、だまってムダに消えていくことと、どっちがいいかは明白ですよね。(^^)


 絵を間違えました(笑)本文中でも「さつまいも」と書いてあるのに、イラストは「じゃがいも」(爆)・・・実は、ホームページを見てくれた人から、メールで教えてもらって気がつきました(^^;どうもありがとうございます!





« いつも心に・・・ | メイン | 本のキモ »