東大にないもの

 早稲田大学、慶応義塾大学にはあるのに、東大にはないものがあります。これは、東大以外では、ほとんど全ての大学にあると思います。大学によって、呼び方は違うかもしれませんが。

 そのものとは、就職課です。

 就職課とは、大学生の就職を斡旋する(紹介する)ところです。こんな大事なものが、どうして東大にはないのか?不景気で予算が不足しているからではありませんよ(笑)

 受験生の中には、大学に入ればゴールだと思っている人が少しはいると思います。実際は、大学というのは社会人となる準備段階なのです。小中高大学と続いてきた学生生活のゴールであり、社会にはばたく助走期間です。

 大抵の人は、就職という形で社会に出ます。企業に勤めるということです。

 テレビCMで名前の出てくるような大企業が、大学生の間で人気のある企業です。全国の大学から学生が応募してくるので、ものスゴい競争になります。これは大学入試の非ではありません!

 えー、せっかくがんばって東大に入ったのに、またそんな厳しい選抜があるの!?

 ・・・いえ、そうとばかりは、言えません。東大に限っては(意味深)

 あなたも聞いたことがあるでしょう、東大卒は就職に有利だと。これが、東大を目指す目的の一つであるかもしれませんね。

 でもそんな、学歴で差別するような行為が本当に許されているのか?(怒)単なるうわさにすぎないのではないか?(疑)

 はい、残念ながらと言うべきかどうかわかりませんが、学歴を見て学生を選ぶということは、実際に行われています

 人事(企業で、新しく入る学生を選んだり、社員を教育したりする仕事)担当の人本人が言っていることです。(企業名は伏せさせて頂きます。)

 なぜか?それは、会社の側に立って考えてみれば、すぐわかります。

 名の知れた大きな会社になると、そこに就職したいという大学生がいっぱいあつまってきます。それこそ日本中から集まってきます。

 で、どの学生が優秀なのか、会社の為にがんばってくれるのかを調べるために、試験をします。

 まずは筆記試験をして、基礎的な能力を確かめます。それだけでは分からない、人柄や熱意などを面接試験で見るのです。

 しかも、面接も一回だけではなく、適性を詳しく判断するために、何度も行うのが普通です。それらに合格して初めて、その会社に就職することができるのです。

 そのくらい、手間ひまかけて、学生一人一人をよく見ているんです。なぜなら、今後の会社の未来を背負う大事な従業員になるのですから。

 もし無能でやる気のない学生を採用してしまったら、会社の存続が危うくなります。大企業でも一瞬にしてつぶれる世の中です。

 でも、何百何千という就職希望者を全員、調査するなんて時間的にムリ!じゃあどうする?適当に選んで、たまたまいい人だったらラッキー?いえいえ、ここで出てくるのです、学歴が。

 東京大学の学生なら、ほかの大学生よりも、優秀な”可能性が高い”という判断を、企業はするのです。

 もちろん東大生で犯罪を起こす人もいますし、他大生で社会に貢献している人もいます。必ずいい人を選べるというわけではありません。でも、学歴を見る。

 それが簡単だからです。わざわざ会って話しをしなくても済む。大学名を見るだけですから。

 そして適当に選ぶよりは確実。東大入試という難しい試験で選ばれたというお墨付きがあるのですから。

 しかも、ずっとそういう採用のやり方をしてきて、会社は非常に繁栄してきているという事実がある。

 効率がいいのです。少ない手間で、大きな利益を得る。企業は自分がトクになることをします。もうけを出さないといけません。こんな効率のいい方法、やらないはずがありません。

 ということで、東大生になったあなたは、就職活動のときにとても有利なのです。でも、その利点はただで手に入れたものではありません。

 努力して、がんばって、試験に合格して、手に入れたものなのです。だから堂々と、自信をもってあなたの学歴を自慢に思ってください!誇りに思ってください!






« 6つの東大 | メイン | 東大生はモテるか »