東京大学の校歌

 あなたの高校には校歌がありますよね。中学校、小学校にも校歌があったと思います。では、東京大学の校歌を知っていますか?

 僕は知りません。「えー、サトルさんって東大に詳しかったんじゃなかったの?」

 ええ、詳しいですとも。実は、東大には校歌がないのです!

 ただし、応援歌というものならあります。題名は「ただ一つ」

 6大学野球のときなどに、東大チームの応援団が歌います。これを校歌だと思いこんでいる人も、けっこう多いんですよ。でも、応援歌でも校歌でも、同じようなものですけどね(笑)

 なんとカラオケボックスでも歌えます。ちゃんと歌本のなかに入ってるんですよ!知ってました?東京大学をめざすあなたなら、ばっちりマスターしておかなければなりません!(嘘)

 僕がアルバイトをしていたお店でも、ちゃんと機械の中に入っていました。ただ、それを歌っている人を見た事はありませんでしたが(^^;

 ということで、やっぱり応援歌は、応援団の人におまかせしましょう。かっこいいですよー、彼らの歌は。ものすごく大きな声で、もちろんマイクなど使わず、堂々と勇ましく歌っているのです。


 ちなみに、この応援団というのは、東京大学運動会に所属する由緒正しい会です。大声を出して応援する人、トランペットなどの楽器を吹く人、チアリーディングをして踊る人の3グループにわかれています。

 サークルが競って新入生の勧誘をする新学期。この応援団の方々の勧誘はひときわハードです。

 入りたくないと言っているのに、なかば無理やり説明を聞かされている新1年生を見たこともあります。かわいそうだけど、これも立派な東大生になるための試練です。がんばれ!(笑)

 野球シーズンになるとときどき、お昼休みなどにキャンパス内で練習している風景を見かけます。その周りには人だかりができていて、なんだろう?と思って近づくと、応援団の練習だったりします。

 そのやじうまの中に、学生の中に混じってちょっと違和感のある集団がいらっしゃることもあります。学生にしてはお年を召しているようだし、身なりも教授や職員の方とは異なります。しかもビデオカメラを熱心にいじっています。

 吹奏楽の演奏が終わって、次はチアリーダーの練習。するとなんと、さっきのおじさん達がとたんに生き生きとしてきました!どうやら目的はこれのようです(笑)

 これとは関係ないと思いますが、数年前に東大の女子トイレ盗撮事件というものがありました。大学、特に公立大学は管理が甘いです。部外者でも簡単に入れます。

 泥棒さんの間では、「困ったら大学を狙え」という格言があるくらいだそうです。

 夜にキャンパス内で強盗にあったという人もいます。バイクに乗った人が追いかけてきて、お金を出せと言われたのです。あまり遅くまでいるのも危ないですね。せめて一人にならないようにして下さい。

 教室や実験室に置いてあるノートパソコンが盗まれた!なんてこともありました。建物の中にでも、やすやすと入れてしまうのです。貴重品は安心して置いておけません。

 学外者でも盗めるのですから、学内者となったら人のものをとるなんて朝飯前です。あなたが親切な人で、もしこんな人を見つけたら、すぐに止めてあげて下さい!

 ものをとった直後はうれしいかもしれませんが、時間がたつにつれてだんだん心が苦しくなってしまいます。ほかでもない自分自身が、一番困ることになるのですから。

 僕が知っている限りで一番痛ましい事件は、1冊のノートを盗まれた法学部の学生さんの件です。ノートなんて100円くらいの安いものです。なら、どうしてとったのか?

 そのノートには、講義の内容がびっしりと書きこまれていました。弁護士を目指していたノートの持ち主が、法律について学んだ事をまとめて記していたのです。

 そのノートは持ち主にとって財産でした。今まで学んだ事が全て凝縮されたものだったのです。それゆえ、ほかの人がみてもよく整理されていてわかりやすい、参考書のようなものでした。

 弁護士になるのは大変です。東京大学の文科一類に合格した人でも、そう簡単になれるものではありません。弁護士になりたいという気持ちが強すぎて、出来心で他人のノートを盗んでしまったのかもしれません。

 夢を目指す気持ちも、方向を間違えると悲しい結果になってしまいます。あなたの夢は、なんですか?ちゃんとその夢の方向にむかって、がんばっていますか?それならいいですね(^^)

 僕は方向オンチなのでよく道に迷ってますが(笑)

 それはともかく、応援団の話しでしたね。こちらは正義の味方です。曲がった事が大嫌い、熱いハートで突き進んでいる集団です。

 学園祭のあとには、池の中にとびこんでしまうくらいパワーがあります。阪神タイガースのファンの人が、優勝するとうれしくて川にとびこんでしまうのと似ていますね。

 6大学野球のなかで一番弱い東大チームを、けなげに応援し続けています。でも、弱いのは仕方がない事です。ほかの大学は、野球が上手な人を採用しているのですから。

 スポーツ推薦というのがあって、野球が上手な人を選んで合格してもらっているのです。それに比べて、東京大学では、筆記試験に受からないと入れません。

 ずっと野球だけをいっしょうけんめいやってきた人と、そういうわけにもいかなかった人。それを同列に比べるのは不公平です。

 そんな中で、シーズン中1試合か2試合くらいは、勝ったりするのです。東大チームが、ほとんどプロのような他大のチームに勝つのです!すごいことではありませんか?

 何十試合もあるのに、一回しか勝てないの?とバカにする人もいます。それは、このハンデを知らないから言えることです。実状を知っている人からすると、一回でも勝てたらすごいことなのです!

 勉強もできて、スポーツもできる。これは怖いものなしですね!うらやましい!東大生のなかでは、授業の成績がよかったからといっても、それがあまりいいことだとは思われません。

 それどころか、「こんな悪い成績とっちゃったぜ!」とか「私なんか寝坊して授業サボっちゃった!」とか、逆の自慢話しに花が咲くのです。自分がいかにダメなことをしたかを、アピールするのです。謙遜のふりをした自慢です。

 変わってますよね?でも、あなたもこれに巻きこまれるかもしれませんよ?もしこれらのような話しをされたら、「すごいね!」と言ってあげると、喜ばれます(笑)

 人間関係を円滑にする、ちょっとしたツボ。これを身につけておけば、あなたは人柄がいい人気者になるでしょう。

 もし何も得意なものがなくても、得意なものをつくればいいのです。長所は性格、としてしまえばいいのです。これはどんな資格よりもあなたの役にたちますよ!

 そして欲をいえば、ちょっとした芸当を覚えておくといいかもしれません。楽器でもダンスでも一発芸でもかまいません。盛り上がる芸を練習しておきましょう。ここで、応援歌「ただ一つ」なんてどうですか?(笑)




 P.S. ちなみに、現在、東京大学の校歌を作ろう!という動きがあります。歌詞を一般から募集して、東大卒の音楽関係者が選考するのです。どうも、今回はあまりいい作品がなかったみたいで、採用は見送られました。

 でも、次回の募集もあるでしょう。もし「これはイイ!」という歌ができたら、ぜひ東京大学に送ってみてください。あなたの考えた歌が、あなたの目指す東大の校歌になるかもしれません!





« 及川 将太 さん | メイン | M さん »