keisuke さん

僕は去年精神的な事情で休学をし、生きるのもやっと、頑張って卒業はしました。受験はしてませんし、勉強もしてません。
そんな僕が東大を意識したのは受験勉強を始めてから。
当初は後期で・・・と考えていたのですが、6月の後半に全然やっていない世界史を始めました、つまり東大前期を受ける決意をしました。

今日、高校の元担任と話をしました、良い顔はしなかったけど、絶対的な反対もしませんでした。前なら無理って言われてたのかな。
前に受けた東大即応OPの結果がきたらもってこいとのことですが、もちろんそれだって良くない。
だけど、受験も後半に突入した今こそ、新たに揺ぎ無い決意をして、絶対に勝つ!ということを宣言しておきたいと思いました。

東大国語は結構できましたが、他はまだまだだし、世界史なんて目もあてられないですが、必ずや克服して、合格します!





(サトルより)
そんな大変な状況の中で、がんばって卒業をしたのですね。
せっかくだから、大学へも行きたいですよね。
しかも、ただの大学ではなく、東京大学に!
後期試験に目をつけたのもいい作戦だと思いますよ。
でも、前期試験も受けられれば、チャンスが増えますからね。
前の担任の先生も頭ごなしには反対できないほどのkeisukeさんの決意だったのでしょう。
東大に行きたいという気持ちが一番のもとになるものです。
それをしっかりと持っているならば、これからも歩き続けられます。
世界史は時間をかければできるので、その気持ちがあれば問題ないです。
国語もできているとのことなので、あとは英語ですね。
英は前期でも後期でもありますから、やっておいて損はないでしょう。
もし落ち込んでしまうようなことがあれば、
ここでした「絶対に勝つ!」宣言を思い出してくださいね。
そして、合格への道を突き進んでください!

« 寝る前にホットミルク飲んでもいいの? | メイン | 東大って理系でも国語は難しいの? »