数学って一体なにから手をつければいいの?

サトルさん、僕は高校三年生で東大文一を目指しているんですが、中3頃から数学をさぼっていたせいで、センター試験では数1a数Ⅱb共に50点ちょっとしかとれず、二次試験用のテストにいたっては3,4割があたりまえになっています。


学校の授業の演習もほとんどついていけていないので基礎からやり直そうと思っても、何から手をつけてよいのやらわかりません。


どうしたらよいでしょうか。


というより、二次試験で数学のあるところはあきらめたほうがよいのでしょうか。





こんにちは、サトルです!


数学のあるところをあきらめる必要はありません。


もし学校の授業の演習についていけないのだとしたら、


その場で先生に聞いてしまったほうがいいですよ。


そうすれば、その問題のどこでつまづいたのかを教えてくれます。


つまづきが発見できたら、そこをピンポイントで復習すればいいんです。


こうやって一つ一つ地道にやっていくことが、一番の近道ですよ。


なにからやればいいかがわからないときの唯一の解決策は、


とりあえずやってみることです。


はらふとしさんの場合は、せっかく学校の授業という便利なものがあるんです。


いますでに、それをうけているんです。


だったら有効に活用しないともったいないですよ。


授業で習ったその日のうちに、その類題を解くんです。


そうすると知識もふくらみますし、当日習ったことも強く記憶できます。


まずは少し似ている問題。


そして余裕があったら、もうちょっと遠い問題。


こんなふうに、徐々に範囲を広げていくと効率よくできますよ。


はじめからたくさんやろうとしても難しいですからね。


東大文系の数学はお得な科目なので、ぜひある程度のレベルにまで達しましょう!


完璧にしようと思うとなんでもよくありません。


試験だって、合格最低点をクリアするだけでいいんです。


いまやっていることを上手に利用するということを考えてみてくださいね。

« テニサー! | メイン | 高校のクラス普通科じゃないんだけど、平気? »