拓哉 さん

はじめました、こんにちは!拓哉と申します。埼玉県在住で都内の私立高校一年の女子です。今回はある受験勉強の仕方について紹介されている別のサイトのリンクをみてお邪魔させていただきました。


この春に高校に入学し、最初に担任にいわれたことは「東大に入れよ!」でした。(うちの学校では東大合格者はまだただひとりで、それもかなり昔のことなのに。)毎日のようにいわれてるせいか、だんだんと洗脳されはじめ真剣に「東大に入りたい!」と思うようになっていました。そして勉強の仕方などについて試行錯誤しながらも、なにかいい勉強法やらを取り上げているサイトはないものかと思って出会ったのがこのサイトでした。


いろいろ読ませていただき、ワークのほうもやらせていただきました!今までの自分を見直すためにもすごくよかったです。感謝、感謝でいっぱいです。


東大値をあげる、ということで八月三日に駒場キャンパスのオープンキャンパスの午後の部に参加することになりました!(実は本郷、駒場の両キャンパスの午前の部参加抽選にはずれたんですけどね。)いろいろみて、合格後の自分のイメージと東大を結びつけられたらな、と思います。


サトルさんには本当に感謝してます!これから勉強を頑張って2006年の東大生にはなれませんが、2008年(あってる?)の東大せいを目指します。長々と申し訳ありませんでした。これからもちょくちょくお邪魔させていただきたいと思うのでよろしくお願いします。





拓哉さんこんにちは、サトルです!


その担任の先生、とてもいい先生ですね。


生徒に東大を目指させるなんて、そう簡単なことではありません。


でも、拓哉さんはこうして東大を目指している!先生に感謝です。


自分で東大を気にするようになれば、あとはエスカレーター式に東大へ近づきます。


その道の途中で、ぼくのホームページを発見したり、ワークをしたりしたのですね。


あれをやって、「よかった」と言える人はかなりのレベルだと思いますよ!


そして、8月3日には駒場キャンパスへ実際に足を運ぶのですね。


(抽選にはずれてしまったひと、けっこう多いらしいですね。


そういうメールをたくさんもらってます。)


駒場キャンパスといえば、入学後すぐに通うことになる場所ですからね。


8月3日に見る東大生のイメージがそのまま、2008年の拓哉さんの姿ですよ。


そのときに感じた東大の雰囲気を、今度は東大生となって合格後に感じるのです。


ぼくに感謝するといってもらえてうれしいです。


でも一番感謝すべきは、東大に入りたい!と思うようになった拓哉さん自身です。


いくら周りから何を言われても何をされても、本人が東大に行く気がなければ


何の役にも立ちませんから。


その最大の関門をクリアしてしまった拓哉さんはもうこわいものなしです。


必ず東大生になってますよ。そのときがとても楽しみですね!

« 深町 さん | メイン | anion さん »