東大行きたい君 さん

 どうも。私は早稲田大学1年生のものです。よくあるはなしですが、今年受験に失敗したため、希望していた医学部にいけずに、うだうだ5ヶ月をすごしていました。しかし、この5ヶ月間の人との出会いが僕の思考のリミッターをはずし、僕を東大受験へと押し出しました。(話せば長いよ~)
 さて、東大受験となると、世間では、やれ最難関だの、受験最高峰だの言われますが、はたしてそうでしょうか。つい最近のことですが、当たり前のことを当たり前にやっていけば簡単に東大に受かる。という確信が僕のなかに巻き上がりました。目標に対して、戦略を立て、それに対して着実に一歩ずつすすむ、途中モチベーションを損なわないために、模試などで小さな成功を積み重ねる。この繰り返しで東大制覇は成るのではないかと考えています。だからこのサイトを見たときに「ああ、そうだな」と共感しました。結局は、どこまで東大に入りたいか、という気持ちでみんな勝負してるんだなあと。このサイトでは「東大値」と呼んでいるようですが、まさにこれは東大に入りたいという気持ちが形を変えて現れたものですよね。





こんにちは、サトルです!
早稲田の1年生の方なのですね。
早稲田で過ごした期間というのは、非常に有意義だったと思います。
全国から優秀な人がやってくるのですからね。
そこで東大受験へと押し出すなにかと出会えたのでしょう。
東大については、ぼくもその通りだと思います。
当たり前のことを当たり前にやればいいだけのことですよね。
でも、それをやるのが難しいことなので、最難関と言われているのでしょう。
難しいことを、いかにハードルを下げてがんばれるか。
それが、おっしゃる通り、その繰り返しでできると思います。
そうですね、東大値という言葉で、東大に入りたいという気持ちも表しています。
共感してもらえてうれしいです!

« 科目数の少ない私大と東大、どっちがいい? | メイン | Tomy さん »