リスニング問題のいい解き方は?

東大のリスニングの聞き方について。

まず,リスニングが始まる前にどれくらい問題を見ておくのが良いのでしょうか?質問文だけで大丈夫でしょうか?それとも,時間がかかっても選択肢も全部見ておいた方がいいんでしょうか?

次に,リスニングを聴いてる最中,問題,選択肢の文を目で追いながら聴いた方がいいんでしょうか?それとも,聴くことだけに集中して,問題の文は無視した方が点数が取れるでしょうか?東大模試を受けて,問題を見ながら(始まる前にも軽く問題は見ておいたんですけど)問題を見るのと聴くのと,板挟みになっちゃって,二兎を追う物は一兎をもえず,みたいな感じになってるような気もします。

AとB,BとCの間は,次の問題の質問,選択肢を見ておくべきですか?それとも,記憶が鮮明なうちに聞き終わった問題を少しでも正確に解いておくべきでしょうか?

質問多すぎてスミマセン!うちいくつかでもいいんで,答えてくれたら嬉しいです。

(猫 さん)





猫さんこんにちは、サトルです!
リスニングは、放送が始まる前に問題も選択肢も見ておいたほうが絶対いいですよ!
どんな単語が使われるか、どんな内容の話がされるかについて、
非常に有効な手がかりが得られます。
これをするかどうかで、間違いなく聞き取りやすさが変わります。
選択肢も見ておけば、どんな答えが予想されるかという情報も得られますね!
これはかなり有利になります。
こうしてしっかりと全部に目を通しておいて、放送が流れている最中は、
問題や選択肢は見ないほうがいいと思います。
人によってやりやすさは違うでしょうが、ぼくはそんなふうにしてました。
最初にけっこう入念に見ていたので、だいたいの内容は覚えているのです。
それで、数字などの細かいところだけ白紙の部分にメモしておけばいいですね。
問題と問題の間の時間は、書く作業をしているといいでしょう。
次が始まりそうだったら、忘れそうな部分だけでもメモしておく。
例えば3単現のsがつくかどうかなんて、わざわざききとらなくても
文法的に考えればわかりますよね?あとで分かるくらいの情報をメモしておけば
いいのです。細かいところは、聞き取るほうが難しいですから。

« イヤな東大生 | メイン | 高2ですべき勉強は? »