入試本番!どうしよう?

おひさしぶりです。
ずいぶん前に、カナダからHP見させていただいて、メッセージも掲載してもらった”へろ”です。


先月、帰国して、河合塾の帰国製受験科でまなんできました。
受験校は、早稲田大学だけですが、併願で、政経Ao、法、商、教育、社会、2文をうけることになりました。

政経を除いて、受験科目は、 国語、英語、小論文です。


ちなみに、模試や過去問のできぐあいでは、どうも政経を除いてうかりそうです。(五分五分ってかんじなんですけどw)
去年のやつなら、合格してました。
でも、本番ってやっぱり、何があるか、わからなくて怖いんです。
ちなみに、本番は9月5日です。。。。あ~不安です。

帰国子女で、東大を狙うのは無理だったので、うけるとしたら、早稲田に合格してから、後期試験でねらうかも。といった感じですが、、、w

あの、相談というか、入試本番でのアドバイスみたいなもの、もらえませんか???試験で全力がだせそうなテクニックとか?


一応、自分で考えているのは、今日から数日間は、睡眠時間をたっぷりとって、脳みそに休息を与えて、本番では大活躍してもらう作戦。
さらには、ローズマリー(ハーブの中でも集中力の効果がある)をハンカチにつけて、もって行く。
あとは、、参考書と、ノートを持っていく。


あと、具体的な質問なんですが、1教科ごとに約一時間の休憩があるんですけど、その間は友達と話すのもありですけど、軽く参考書をみたり、といたりして頭を問題にならせておくべきですかね?


東大受験しないのにへんなメールしちゃってもうしわけないです。

へろ

(へろ さん)





へろさんこんにちは、サトルです!
カナダから帰ってきたのですね。
そして河合塾で勉強して、早稲田のいろんな学部を受けるのですね。
いくら自信のある人でも、本番になるとやっぱり不安になると思います。
一つには、これだけたくさん受けるのだから、どれか一つには受かるだろう、と
思っていると、気持ちが落ち着いてきますよ。
それに、睡眠時間をたっぷりとるという作戦はとてもいいですね!
朝は、試験当日に起きる予定の時間に合わせて今から起きておくといいですよ。
ローズマリーも参考書・ノートもぜひ持っていってください。
9月5日までは、過去問をやりまくるのがいいですね。
もうこの段階になってしまったら、それしかやるべき勉強はありません。
どんどん新しい過去問を解いて、答え合わせをしてと繰り返してください。
これで早稲田に慣れるとともに、気持ちに余裕が出てきますよ。
あとは、できるだけいつもどおりの生活をしていてください。
変わったことをしてしまうと、逆に調子が狂ってしまいます。
いつもどおりにしていれば、いつもどおりの力をだすことができます。
試験当日の休み時間には、友達とは話さないほうがいいですよ。
心が乱れて集中力が途切れてしまいます。
参考書を見るか、のんびりしているかはへろさん次第です。
どちらが自分がリラックスできるかの問題なので。
ぼくは自分がいつも使っていた参考書や自分が書いたノートなどを持って、
それを休み時間に見ていました。見慣れているから、リラックスできたのです。
へろさんも、勉強のときずっと使っていたものを持っていくといいですよ!

« 社会のIAとIBの違いって? | メイン | 8月の人気投票 »