和田先生って、いいの?

はじめまして、今回メールを送ることになりました、質問の回答お願いします。さて、早速ですが、本題に入らしていただきます。ぼくは地方に住んでいる文系志望の高1ですが、ある理由で東大文Ⅰを目指してみようとおもいました。しかし、地方に住んでいることもあり。東大に関する有益な情報がありません。あっても予備校やネットで聞きかじったものばかりです。そこで、ネットで見つけた、和田秀樹著の「新・受験技法」を買ってよんでみました。そして、この本が活用できるレベル(入試基礎力がついた状態)に達成できるプランとこの本に掲載されている受験計画プランを実行(英数国は勝負ライン、社はクリア)しようとおもうのですが、本当にこの本のとうりに勉強すれば目標とするラインに届くのでしょうか?特に英語の読み込みはあれでいいのか、古文は80時間だけでいいのか!?あと現代文はハイレベルな問題集の要約を毎日していればどんな問題が来ても、ほぼ満点が確実に取れると聞いたのですが本当なの?といったことを大変心配しております。東大に受かって周りを見返したいのです。的確なアドバイスをお願いします。

(日本の頂点へ さん)





こんにちは、サトルです!
和田秀樹先生は尊敬すべき東大の大先輩です。
ご本の内容が大きく間違っているということはないと思いますが、
読んで頭で理解しても、それを実行にうつすというのは、
だれにでも簡単にできるというものではありません。
そこをなんとか実行できた人だけが、真の実力をつけることができます。
ご本の通りに完ぺきに勉強することができれば目標ラインに到達できると思います。
現代文についてのその情報はぼくは初めて聞きましたが、
問題文の要約をするというのは非常に力がつきますね。
ただ、それよりも問題演習のほうをしたほうが効率がよいのではと思います。
絶対に東大に合格して周りを見返してくださいね!その気持ちが一番大切です!

« 紗季 さん | メイン | トラッキー さん »