ハスラー さん

先月父親が突然倒れてそのまま死んだ。
今まで勉強もせず遊び呆け外では喧嘩ばっかしていた 「テストは良い点取るよ」と毎回約束していたが一度も約束を守ったことは無かった
今までの人生を思い返すと、とても誇れるような息子ではなかった
だから自分は東大に入り父親が天国で自慢の息子だと誇れるような立派な人間になり、今まで馬鹿にしていた奴らも見返したい
高2の今頃からじゃ遅いかもしれないが、死ぬ気でがんばる事をここに表明する





(サトルより)

ハスラーさんがここまで自分を変えて新たな世界を開拓していこうとする姿勢から察するに、
お父様はとても素晴らしい方でしたのでしょうね。
この決意だけでもきっと喜んでおられることでしょうが、
それを実行に移して成果として表せたときに、間違いなく本当の誇りになりますね。
決死の覚悟を持った人に、遅すぎるということはありません。
もしいままでお父様との約束を守ったことがなかったのだとしたら、
今回の「東大合格」を、生まれて初めて果たす約束にしてしまいましょう!

« 東大に行きたいのに相手にされないとき | メイン | 朝日 さん »