ヘンなしゃべりかたで勉強

英語の発音の中には、日本語にはないものがあります。
RとかLとかの発音もそうですね。
そういう音を含む単語を声に出して読むとき、どうしていますか?
まさか日本語の「らりるれろ」と同じような音の出し方で読んではいませんよね?
その読み方は、授業中に先生に指されたときだけにしてください!
クラスメイトの前で本格的な発音をしようとするとバカにされてしまいますので。

家で一人でいるときは、もうネイティブスピーカーになりきってしゃべってください。
気分はもう俳優さんの卵です。
そしてそのとき、注意すべき重要なポイントがあります!
それは、「本物と同じように聞こえなくてもいい」ということです。

これは、日本語の発音でいいという意味ではありません。
英語の発音のやりかたを試みてください。試みても、必ずしも試みた結果が本物と同じようになるとは限りません。むしろ、同じように聞こえないことが多いでしょう。
それでいいんです。

最後の結果をネイティブスピーカーと同じに聞こえるようにしようとして、無理してつなげたり省略したりして読んでしまうことはしないでください!【←重要!】

たしかに、そうしたほうが本物に近くなって、カッコいいし、ネイティブの人にも通じやすいでしょう。小さい子どもなどはそうやって日本語でも英語でも同じように習得します。

しかし、そんなふうに自然に言葉を覚えられる時期を過ぎてしまった中高生になってからは、わざわざそうやる必要はありません。それよりも、不恰好(ぶかっこう)でいいので、一つ一つの音、口の形、舌の位置を正確に再現するようにしてください。そうすることで、英会話だけにとどまらない、真の総合受験英語力を身につけることができます。

たとえば、parallel という単語をネイティブの人が発音すると、日本人のぼくにはほとんど「パー」にしか聞こえません。だからといって、それを真似して自分も「パー」なんて言っていると、ぼくの頭がパーになってしまうんです。そこは無理して口をヘンな形にして、舌がつりそうになりながらでも、「ぱぁぅぉらぃぇれれ」(一部不適切な文字が入っています(笑)正確には発音記号を参考にしてくださいね。)というふうに音を出すのです。





« 東大模試の結果 | メイン | ○○○ さん »