迷ったら、英語の勉強

「どの教科を勉強すればいいかわからない・・・」

というあなた。

それなら絶対英語です!
文系でも理系でも、東大でもそれ以外でも、日本の大学ならほぼどこでも必要だからです。

それに、ただ必須科目になっているだけではありません。
その重要度がとても高い。

試験で重要度が高いということは、配点が大きいということです。
どうせ同じだけ勉強をするなら、配点が大きい教科のほうが得ですよね。

「でも、英語っていってもいろいろあるし・・・」

だったら、とりあえず英単語からはじめましょう。
・・・な~んていうアドバイスを真に受けてはいけませんよ!(笑)

英単語の勉強って、退屈です。
せっかく「よし、やろう!」と思っていたところにもってきて、そんなつまらない勉強をしてしまうとどうなるかというと・・・
すぐに飽きてしまうのです。

ここで、あなたが進むべき道は2つ。
1つは、英単語の勉強を、どうにかして楽しくする。
もう1つは、英単語ではない、もっと楽しいものを勉強する。

ここではまず、英単語の勉強を楽しくする道のほうの案内をしましょう。

『1人でやらないこと!』

これにつきます。
単調な活動こそ、1人でやらないようにしてください。

「一緒に勉強できる人がいないんだけど・・・」

いいえ、1人でやらないといっても、誰かと机を並べて勉強しようと言っているわけではありません。
同じ時刻、同じ場所にいなくてもいいんです。

たとえば、家でいくつか覚えたら、学校や塾へ行って友達と問題を出し合うとか。
クイズ形式です。
相手から出された問題がわからないと悔しいという、非常にスリリングな展開になります。
負けないように必死になって覚えるし、答えられなかった単語は強く心に残ってもう忘れません。

こんなふうに、いっしょに勉強できたらいいですね。





« 東大合格者数ランキング | メイン | S.K さん »