K さん

N★sさんのメールを読んで共感しました。
N★sさんは学校を辞めようと思っているとのことですが、私も学校を辞めてしまいたいと思っていた時期がありました。
家から近いという理由で高校を選んだので進学校ではありますが難関大学に入るという人は少ない学校で、東大京大なんてここ数年は全くの0です。
それにわかりやすいと思える授業をされる先生が一人しかいません。他の先生はてんでだめです。こんな授業を聞いていても絶対に模試の成績は上がらないだろうと思ってしまうほどです。例えば授業でわからなかったところを参考書や問題集で勉強しなおしてみると「何だ、こんなことか。簡単じゃないか」と思った経験が何度もあるからです。
さらに悪いことに人間として最悪な人もいるということです。
この教師達のせいで学校を辞めようと思っていました。
私は友達に恵まれていたのか、一緒に被害にあっていた友達の「卒業だけはしたほうがいいよ」という言葉に励まされ今も学校に通っています。
N★sさんは予備校に通っているとのことですが、私は予備校にも通えていません。予備校に通っていい授業を受けれていると思うなら恵まれていると思いますよ。
あと学校を辞めたいとか指導方針が悪いとか授業がダメダメだとかを親に言えば味方になって考えてくれると思います。
私も夏休みにクーラーのない学校でどうでもいい授業を強制補修という形で受けされられそうになりましたがぜ†んぶ休みました。そうして予備校に通えばいいじゃないですか。私は図書館で自習しました。
絶対に高校を辞めたいのならば相談してこないと思います。高校の勉強は出来るだけ無視して予備校で勉強して高校は卒業だけして東大に受かってやりましょうよ。
そんな風にして私は『合格体験記』に「高校なんて関係ありません」って書くつもりです。最高にかっこいいに思いませんか?





« 東大受験生の高校受験体験 | メイン | 高校はやめたほうがいいのか? »