K さん

サトルさん、こんにちは。○○です。

『逃げていたツケ』のサトルさんの言葉には、思わず涙が溢れました。
正直に言うと、私も受験から逃げ出したかったのです。
東大に行きたいという気持ちが心の中にポカンとあるだけで、合格するために頑張るだけの力はもう出せず、湧いてもこない感じでした。

私は受験をやめたかった。
でも東大には行きたい。行ってみたい。
だから、一度やめて、違う空気を吸って、そしたらまた出直そうかと思ったんです。
でも、人になんて言われるかが怖くて、そんな事をする勇気が出ない。
逃げ出す自分を否定されるのが怖くて、誰にも相談出来ずにいました。

そんな時にあのメルマガを読みました。
私は心底救われる思いがしました。
と同時に、あれだけの言葉を投げ掛けられるサトルさんの心の広さに、感心せずにはいられませんでした。

正直、私はこれからどうするか分かりません。
どこか行ける大学に行くかもしれないし、専門に行くかもしれないし、浪人するかもしれないし、はたまた全然違うところに飛び込むかもしれません。
ただ、一つ心にあるのは、東大に行きたいということ。
他人からすれば、そこまで東大に固執するのは馬鹿なのかもしれない。
私自身、これほどまで東大にこだわる理由は何なのか、はっきりとは分かりません。
でも、一度目指してしまったからには、どうしても諦めたくはないのです。

衝動に駆られるままメールしたので、何が言いたいのかもよく分からないものになってしまいました。
単に私の心の内を吐露しただけのような感じもします。

最後に一つ言いたいとすれば、メルマガのサトルさんの言葉に対するお礼です。
サトルさんのメルマガを読んでいて良かったと思う事は今まで何度となくありましたが、今回は特にそれを感じました。
本当にありがとうございました。





« O さん | メイン | のりすけ さん »