さくら 様

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいています。
実は私は、受験生ではなくて、その母です。
今のところ、私がコーチングのまねごとをして、勉強させています。というのも、先取りの勉強をしているので、塾や学校の先生ではダメなんです。
通信教材は、2学年上のものをやっています。
夏は、羽林先生の合宿がありますよね。
それに、いかせてみたい気持ちもありますが、それよりも、親の私がどんなふうに勉強しているのかが分かったら、より効果があると思うんです。
子供が実際に 帰ってきて、「こんなやり方をしたよ。」と教えてくれても、ただでさえ、説明が下手な性格ですし。
それが、なぜそうなのかなど、どうしても、理解できなくて、結局、役立てられそうにないのではと思ってしまいます。
まさか、親子で参加したら、それこそ、他の参加者さんがどん引きですよね。
保護者ようのセミナーとか、また新たに保護者向けの本などを執筆していただけたらうれしいです。
過保護であきれられているかとは、思いますが、、。
通信教材の模擬テストや、資格検定なども私が指導して、実績と自信をもっているので、子供からは信頼されています。
しかし、東大の受験となると、今度は自分のほうが 間違った指導をしてしまうのではと心配になったりします。
「受験するのは 親じゃないですよ。」って言われそうですが、、。
これが、うちのスタイルなもので。

進研ゼミなどは、生徒向けにメルマガが来ますが、親ようのメルマガもあるんです。そんな感じで、親用のメルマガとか、何かあれば
とてもうれしいです。ご検討をよろしくお願い致します。

さくら





« H・K さん | メイン | 少女Z さん »