少女Z さん

こんにちは!+゜
少女Zという者です☆
現役受験生です。
休日の勉強法を活用してみました!!
今まで私は、何をしていたんだろう???
っというぐらい変わりました!!!できればもっと早く出会えたら,,,と思います(×∩×)

私は、理系の方が文系よりも得意(といっても点数は、あまり良くないのですが)、という理由で理系にいました。
進路がなかなか決まらなかったのでセンターは、文理どちらでも行けるように両方受けました。
受ける大学も、とくにこだわらず地元の大学をえらびました。
センターを受けて、周りの人とも相談して、文系に生きたいと、文学部に入りたい!!
、と進路は決まったのですが
結果は、ボロボロ。
正直、論外な点数で今年はたとえ満点をとっても厳しいと言われています。

親からは、「あんたは、部活最後まで残ってんから…‥。一浪ゃったらしてもええよ。」と言われました。
しかし、部活に残ったから出来なかったっていうのは間違いで、私が"やらなかったから"ということは、自分でも分かっています。


げんに、高校受験の時「私立しか無理」だと言われるくらいの成績から一応県内トップだと言われている高校に合格しました。

高校に入って怠けて(元に戻って?)しまい、成績は常に下を争ってきました。
校外の今まで嫌な態度をとっていた子からは、180度違う態度で接しられ正直びっくりしました。
しかし、校内では正直悲惨でした。
テストがあれば「あんたに負けたら終わりゃ」と言われ、正直良く言われるような点数をとったのは、最初のテストくらいしかなかったし、補充にはいつもひっかかっていました。
何度も頑張ろうとしましたが、(今思えば)間違ったやり方で、ついには、鬱になり、耳なりまでしてきました。(正直笑い事ではありませんでした)
でも、3年になり近くの塾に行くようになり、一番モチベーションが大事なのだと気づきました。

大学で学びたいという意志は、あったものの、何を?何処で??というところがあやふやだった私は、雑念に何度も負け、集中力散漫。何をしてるんだろう??
そう思う日も多々。


そして今に至るのですが、、
私は、書店で「東大値」という本を見つけました。
かつて一度や二度ならず、五十度ほど行きたいと思うが、現実を見て諦め、、、ということを繰り返しました。


才能ではなく、努力で置き換えれるならば、それで東大に行けるなら、私も頑張りたいっ!!!!
と思いました。
このHPに出会えて本当に良かったです。
有り難うございます。
ながながと自分について熱く語ってしまってすみません(×_×)





« さくら 様 | メイン | ポコ さん »